2016年11月29日

凸版印刷と同社の連結子会社で小型液晶パネル製造を手掛けるオルタステクノロジー(本社:東京都日野市、代表取締役社長:遠藤仁)は、台湾中華映管股份有限公司(Chunghwa Picture Tubes, Ltd.、CPT)の子会社で、中小型液晶パネル製造を手掛ける凌巨科技股份有限公司(Giantplus Technology Co., Ltd.、Giantplus)の株式を取得し、子会社化することを決定した。

 
2016年11月24日付でCPTと株式譲渡契約を締結し、CPTの保有するGiantplusの全株式(53.67%)を取得する予定。関係当局からの許認可取得を経て、2017年1月中のクロージングを目指す。

 
凸版印刷およびオルタスは、オルタスの持つ超高精細技術とGiantplusの量産化技術を融合させ、市場拡大が続く車載向け液晶パネルをはじめ、産業機器向けの中小型液晶パネル事業を強化。Giantplusの持つ生産設備を活用し、ワールドワイドで事業拡大を図り、2020年度には中小型液晶パネル事業で600億円の売上を目指す。

 

 

タグ:

PAGE TOP