2016年11月29日

福田浩志委員長

福田浩志委員長

東京都印刷工業組合・経営革新マーケティング委員会(福田浩志委員長)は、組合員企業の企業価値向上や事業承継(M&A、後継者、相続など)を支援するため、「事業承継・M&A戦略セミナー」を11月から来年6月まで全4回にわたって実施している。1回目のセミナーは11月1日午後6時から8時まで東京・新富の日本印刷会館2階会議室で開かれ、経営者・幹部社員を中心に46社49人が受講した。

 
山田ビジネスコンサルティング㈱を講師に招き、「印刷業における事業承継の全体像を知る」と題し、印刷業界の将来像、事業承継論、印刷業界のM&A論などを学んだ。受講者からは「市場関係から分析されており、わかりやすかった」「概要を学ぶには大変わかりやすかった。今後の展開に期待したい」「印刷業に特化している点が評価できる」などの声が寄せられるなど、事業承継をこれまでよりも身近に感じ、自社の将来を考える上での意識が高まるセミナーとなった。

 
なお、現在、東印工組では、東京都・東京しごと財団からの受託事業として平成28・29年度の2年間にわたり、総予算1億円の「団体課題別人材力支援事業」を実施しているが、当該事業対象として、今回の事業承継に係るセミナー全4回シリーズを、各回ともすべて無料で提供する。

 
次回以降のセミナーの開催日程は次のとおり。会場・時間は第1回と同じ。

 
▽第2回:平成29年2月9日

▽第3回:4月12日

▽第4回:6月14日

 

 

PAGE TOP