2016年12月01日

城戸紀夫

城戸紀夫会長

新井正敏

新井正敏顧問

岩渕均

岩渕均理事長

「営業士会」から「資格士会」へ――。

 

埼玉県印刷関連資格士会の総会が11月19日午後、熊谷市内で開かれた。総会では城戸紀夫氏(五光印刷㈱)の会長就任を承認。同時に会員のスキルや資質向上をはかるための研修会・講習会の開催はじめ、各種の事業計画を打ち出した。32年間継続してきた埼玉県印刷営業士会を、時代に対応できるよう再構築するため発展的に解散、資格士会へ移行したもの。

 
資格士会総会に先立ち行われた営業士会総会では、平成27年度事業報告ならびに決算報告、および解散に関する議案を審議し、原案どおり承認。4期8年、営業士会会長を務めた齊藤清氏に感謝状が贈られた。

 
引き続き資格士会の総会を開催。はじめに埼玉県印工組の新井正敏顧問が資格士会設立の経緯を説明するとともに、「今回、印刷営業士のみならず、印刷関連のいろいろな有資格者に集結していただいた。“共に集い、共に学び、共に歩む”環境づくりへ、コミュニケーション力を高め、ムダやミスをなくして、顧客から必要とされる企業、夢のある印刷産業としてがんばっていこう」と呼びかけた。

 
議事では会則および役員について審議を行い、いずれも原案どおり承認可決。新会長には城戸紀夫氏が就任した。城戸会長は就任にあたって、「会員には若い人が多い。新しいことに積極的にチャレンジしていけるような運営を心がけたい」と抱負を述べた。

 
平成28年度については会員拡大活動、研修会・講演会・見学会の開催、親睦活動などの事業を推進することになった。

 
来賓を代表して埼玉県印工組の岩渕均理事長が祝辞。岩渕理事長は「従来、印刷会社は基本的に顧客の要求に応えていれば良かった。しかし、そんな時代は終わった気がする」と環境の変化に触れたあと、次のように期待を述べた。
「皆さんは会社にとって心強い味方である。会社は社員次第で強くもなり、大きくもなる。会員同士、切磋琢磨し合って成長し、自分の会社を強くしていただきたい」

 

 

[役員]
会長=城戸紀夫
副会長=新道行(たつみ印刷㈱)、新井貴之(㈱アサヒコミュニケーションズ)
常任幹事=望月諭(望月印刷㈱)、中原雅之(関東図書㈱)、鬼形久(㈱アサヒコミュニケーションズ)、木内武(㈲東京工芸社)、吉田正人(㈱文化新聞社)
会計=岡田麻由美(関東図書㈱)
監事=大川正行(㈱三興社印刷所)
相談役=新井正敏(㈱アサヒコミュニケーションズ)

 

 

埼玉県印刷関連資格士会 印刷関連資格取得者、取得企業の会員および賛助会員関連有志で組織。親睦をはかり自己研さんに努めるとともに、社会的地位向上と業界発展に寄与するのが目的。

 

 

PAGE TOP