2015年03月25日

インプレスグループで電子出版事業を手がける㈱インプレスR&D(東京都千代田区、井芹昌信社長)は、出版社を対象にプリント・オンデマンド(POD)による出版物の流通サービスを4月1日から開始する。新サービスの開始にあたり、アマゾンジャパンとの間でPOD取次社としての正式契約を交わした。

 

インプレスR&Dでは、2012年3月から次世代型出版メソッド「NextPublishing」でこのPODを最大限に活用し、無在庫販売による出版ビジネスを確立。これまでに多数のベストセラー書籍を出版してきた。
インプレスR&Dは、12年1月からアマゾンジャパンが国内出版社向けにサービスを開始したプリント・オンデマンド・プログラムにいち早く参加し、同ストアで販売実績を重ねた。また、三省堂書店のPODサービス、大日本印刷が運営するPODを用いた出版物の販売サイト「ウェブの書斎」などのPOD出版可能なストアでの販売のほか、京葉流通倉庫と協業し一般書店向けにもPOD書籍を流通するなど、POD書籍の流通環境の整備も積極的に行ってきた。
この取り組みにより、自社出版物だけでなく他社出版物を含め、これまでに1000タイトルを超える書籍をPODにより出版した。

 

今回提供する出版社向けPOD流通サービスは、NextPublishingで開拓した流通環境をより多くの出版社に手軽に利用できるようにサービス化したもの。

企業 印刷業界最新情報-関連の記事

PAGE TOP