2016年11月22日

コダックは、大幅な機能強化を図ったPrinergyワークフロー8をはじめとする新しいユニファイドワークフローソリューション(UWS)製品ポートフォリオを発表した。

 

オフセット印刷とデジタル印刷とのハイブリッドワークフローへの対応や、プルーフィング機能および自動化のさらなる強化により、品質向上とデジタル機器の効率運用の両立に加えて、いっそうのコスト削減と生産性向上に貢献するものとなっている。

なお、KODAK Prinergyワークフロー8(日本語版)の発売開始は12月中旬を予定している。

 

同社のワークフローシステムの核となるPrinergyワークフロー8は、オフセット印刷とデジタル印刷双方への対応を強化し、作業効率および工数の削減を実現する。

とくに印刷機のリアルタイム情報に基づいて生産判断を行うことができる業界初の統合デジタルジョブチケットエディター機能を追加し、リコー、コニカミノルタ、ランダ、小森コーポレーションなどパートナー各社との協業により高度なデジタル機器との連携や自動化を実現する。

 

また、急成長を遂げているパッケージング印刷分野に向けてUWSソフト製品を強化し、ブランドオーナーの要求する高い品質への対応を実現している。

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP