2016年11月15日

ミューラーCEO(左)と宮﨑社長

ミューラーCEO(左)と宮﨑社長

ミューラー・マルティニ ジャパン㈱(本社・東京都板橋区、宮﨑靖好社長)は11月15日、同社会議室で記者懇談会を開催した。

今回の懇談会では、ミューラー・マルティニグループCEOを務めるブルーノ・ミューラー氏とミューラー・マルティニ ジャパンの宮﨑社長が、drupa2016でのミューラー・マルティニグループの出展概要や今後のビジョンなどについて説明した。

 

会の冒頭、あいさつに立ったミューラーCEOは、「drupa2016で我々は、高いレベルのワークフローとその可能性を提示し、なおかつ実際の生産ラインとして実演した。その過程で、大量生産用の機器を使用してもカスタマイズされたバリアブルな印刷製品が低コストで効率良く生産できることを示し、来場者達の反応も大いに前向きだった。いろいろな印刷業界の専門家から“ミューラーのブースが今回のショーのハイライトだ”と言ってもらえた。このような賛辞をもらえるのは嬉しいことであり、我々が唱えた“フィニッシング4・0”という理念が受け入れられた証でもある」と、drupa2016出展について総括した。

 

同社が提唱した「フィニッシング4.0」におけるキーワードとして、「タッチレスワークフロー」が挙げられる。

これは、機器の接続性と自動化の組み合わせによって、オペレーターが機械操作や作業をすることなく生産仕様などを変更することができるシステムを指す。

具体的には、各機器がジョブデータに基づいて全自動で準備を行い、人手の関与を最小限にして生産するもので、生産仕様の変更などは自動で検知・修正される。

これを実現するにはシームレスなワークフロー、高い自動化技術、そして機器の堅牢さと精密さが求められるが、それを実現させることにより、カスタム/パーソナル化された印刷製品をビジネスベースのコスト効率で生産する手段として、これまでの高速大量生産向けの機器を使用しつつ、極小ロットの製品を効率的に生産できるという見解を示した。

 

また「フィニッシング4.0」では、本社サービス部門と各ユーザー企業で稼働する機器を回線で繋いで、リモートアクセス機能による保守、リモート診断、運転データの収集も可能となり、サービスマンが設置現場を訪れることなく、システムサポートをより早く、的確に行う、アフターサービスの新しい可能性も実現する。

さらに将来的には、機器に万一のトラブルが起きた時、ユーザーがスマートグラスを装着し、そこに本社サービス部門からの修理作業などの指示が文字で浮かぶようなシステムの開発も進めていることも明かした。

 

 

PAGE TOP