2015年03月25日

紙商社最大手の日本紙パルプ商事㈱が設立した㈱リーディングポートJPは4月10日、埼玉県富士見市の「ららぽーと富士見」に書籍・雑貨販売、カフェを複合した書店の1号店「BOWL(ボウル)」をオープンする。書店を開くことで紙離れの歯止めを図る。

 

ボウルは、同一テーマの本と雑貨を同じ棚に陳列したり、購入前の本をカフェスペースで軽食と共に試読してもらうなど、既存の書店のスタイルにとらわれない取り組みで、本をじっくり選べる新しい形態の書店である。
カフェスペースは、サイン会、トークショウなどのイベント会場としての貸し出しも予定している。

 

店舗面積は418・78平方㍍(126・68坪)。

 

ららぽーと富士見は4月10日、「人・モノ・文化が交差する新拠点~CROSS PARK~」として開業する東武東上線エリア最大級となるリージョナル型ショッピングセンター。

PAGE TOP