2016年10月27日

㈱山櫻(本社・東京都中央区、市瀬豊和社長)のセカンドブランドの+labでは10月21日から、折り目に沿って折っていくだけで簡単に封筒ができるノートパッド「futo pad」を発売した。

 

この「futo pad」は、平成25年から販売してきた「Futo pad」をリニューアルしたもの。

透けにくい紙を使用しているので1枚で便箋と封筒の両方の役割を果たすことができ、またパッド状なので外出先への持ち運びもしやすい。

これに、ユーザーからの声に応えてこれまでの無地に加えて柄物をラインナップしたほか、これまでは1枚ずつミシン目で切り離して使う形態だったものを、天糊加工したシートを剥がして使う形態に変更し、使い勝手を向上させている。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP