2016年10月25日

凸版印刷は、A4サイズのE Ink方式電子ペーパーを採用した表示機で、表示部と制御部を分離して使用できる最新モデル「pella(ペラ)」を開発した。凸版印刷は本製品を、生産現場における指示書での利用を想定し、2017年4月からエンドユーザへのテスト導入を実施し、2018年4月からの本格的な販売を開始する。2016年10月26日(水)から29日(土)まで開かれる「メッセナゴヤ2016」(会場:ポートメッセなごや)のトッパンブースで紹介する。

 
同製品は、フレキシブル電子ペーパーを採用した表示部と、無線LANで通信し表示の書き換えを行う制御部とを持つ電子ペーパー表示機で、IoT化が進む企業の生産現場における工程管理での利用を想定して開発したもの。凸版印刷が従来培ってきた電子ペーパーの制御技術を活かし、従来のタブレット型端末とは異なり、表示部と制御部を分離して使用できるまったく新しい形状を実現した。データの書き換え時以外は表示部を分離した状態での情報閲覧が可能なため、従来の紙ベースの指示書と同様の感覚で使用できる。さらに、データ通信インフラとして広く普及している無線LANを採用することで、導入負荷を低減した。

 

インダストリー4.0やIoT(Internet of Things)が注目される中、製造・物流業界などにおいて、ICT技術を用いた情報の活用と可視化の重要性が高まっている。さらに製造・物流の現場における製造物や物品の管理業務では、プリンタ用紙やラベルを用いた管理手法が一般的だが、業務負荷の軽減や消耗品の削減などの観点から、適宜書き換え可能な電子ペーパー表示機に対する需要が今後さらに高まると予想されている。

 
凸版印刷はこれまで、電子ペーパー事業に積極的に取り組んでおり、さまざまな通信方式への対応や、製品ラインアップの拡充に向けて研究開発を進めている。このたび、製造・物流業界で共通して大量消費されているA4用紙の代替となる薄型の電子ペーパー表示機を開発。従来の紙同様の使用感に加え、無線LAN通信による書き換えが可能な製品の開発に成功した。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP