2016年10月18日

第7回文字・活字文化シンポジウム「文字と活字と民主主義~強まる規制のなかで表現の自由をまもる~」が、10月22日に開催される。年々強まる表現規制に、どう向き合い、「表現の自由」をどうまもっていくのか探る。

 

講師は小学館編集総務局シニア・マネージャー/日本雑誌協会人権・言論特別委員会委員長の田近正樹氏。参加協力券1000円。時間は午後1時30分から4時30分まで。会場は東京都文京区本郷4の37の18いろは本郷ビル2階の出版労連会議室。

 
主催は新聞労連(電話03・5842・2201)、全印総連(電話03・3818・5125)、出版労連(電話03・3816・2911)。公益財団法人文字・活字文化推進機構、日本マスコミ文化情報労組会議、日本ジャーナリスト会議が後援している。

PAGE TOP