2015年03月20日

パシッド

新型裏書システム「パシッド」

トッパン・フォームズ㈱(東京都港区、櫻井醜社長)は社会保障・税に関わる番号制度(マイナンバー制度)の施行に伴い、交付される番号カード、個人通知カードに関連する自治体の窓口業務を大幅に簡易化する新型裏書システム「PASid/パシッド」の販売を4月1日から開始する。

 

マイナンバー制度の施行により、2015年10月から個人番号通知カード(紙カード)が日本の全国民に送付され、2016年1月には希望者へ個人番号カード(ICカード)の交付が開始される。

 

また、住民の住所変更等の際には、個人番号通知カードおよび個人番号カードでも、住基カードや在留カード等の本人確認書類と同様に変更情報の裏書処理を求められるため、早く正確に印字が可能な裏書システムのニーズが急増している。

 

 

「パシッド」は、1台でスキャニング・真贋判定・裏書処理という3つの工程をワンストップで可能にした一体型。カード挿入時に券面を検知し、カードの挿入向きや種類を特定するため、従来システムでの課題が解消され、窓口業務の効率化に貢献する。

 

企業-関連の記事

PAGE TOP