2016年10月12日

㈱T&K TOKA(本社・埼玉県入間郡、増田至克社長)が開発・製造・販売しているパウダーレスインキ「ベストワン キレイナ」が、2016年度グッドデザイン賞を受賞した。

 

「ベストワン キレイナ」は、平成26年4月に革新的なパウダーレスインキとして発表後、多数の印刷会社で採用され、市場から高い評価を得ているシリーズ。

パウダーレス印刷により、パウダーのないキレイな印刷、キレイな加工、キレイな機械、キレイな工場の実現を目指して開発され、生産者である印刷会社のみならず、印刷発注者であるクライアント、それを使用するエンドユーザーにもメリットが感じられるものとなっている。

 

審査員からは「印刷物の製造工程における印刷面同士の付着を防止するための構造として、従来品はエンドユーザーである読者の満足ではなく製造側の事情からスプレーパウダーを用いていたのに対し、“ベストワン キレイナ”はエンドユーザー側、製造側の双方にとってのメリットを創出している」と評価された。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP