2015年03月20日

㈱紀伊國屋書店(高井昌史社長)、大日本印刷㈱(DNP、北島義俊社長)は、出版流通市場の活性化および新しいビジネスモデルの創出を目的として合弁会社「株式会社出版流通イノベーションジャパン」を4月1日に設立することを両社の取締役会で決議した。3月19日午後4時から東京・新宿の紀伊國屋書店で高井社長、北島元治DNP常務が記者会見し発表した。新会社の代表取締役社長には高井社長、代表取締役に北島常務、取締役に藤則幸男紀伊國屋書店専務、五味英隆DNP hontoビジネス本部副本部長が就任する。

 

高井社長(左)と北島常務

高井社長(左)と北島常務

それぞれリアル書店とネット書店の“ハイブリッド戦略”をとる両社が互いのノウハウを共有し、日本の出版流通市場が抱える課題について調査・分析および施策の検討を行なっていく。

 

<企画・検討予定のテーマ>
読者の利便性向上を目的とした電子/ネット書店の更なるサービス強化▽読者にとって使いやすいポイントサービスの構築▽仕入・物流業務システムの共有化・合理化・効率化▽両社が保有する海外リソースを活かした新しいビジネスモデル▽リアル書店とネット書店の相互連携による読者サービス向上

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP