2016年09月28日

凸版印刷は、箱の上部を押し込んで引き上げるだけで、意匠性の高い店頭陳列ディスプレイが可能な新製品「トッパン・シェルフレディパッケージ ダブルカートンタイプ」を開発した。化粧品、日用品、食品関係を中心に、2016年9月下旬から販売を開始する。2016年10月4日(火)から7日(金)まで東京ビッグサイトで開かれる「2016東京国際包装展」のトッパンブースで紹介する。
 
シェルフレディパッケージとは、簡単に開封し、そのまま陳列できるように設計されたもので、輸送適性の高さと作業負荷の軽減を実現するパッケージとして、流通・メーカーでの採用が増加している。
 
凸版印刷は今回、箱の上部を指で押し込み引き上げるだけで開封が可能な独自構造のシェルフレディパッケージを開発。ダブルカートンタイプのため内箱に穴を空けてしまう恐れがなく、内箱へ印刷による意匠表現も可能なため、店頭で高い商品訴求力が期待できる。

また、素材の改良や独自構造の設計により従来品と比較して強度が約30%向上、保管配送時にパレットで一度に積段できる数量が約2倍に増加した。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP