2016年09月26日

大日本印刷(DNP)は、最大50kgまでの重さに耐えられ、外装を部品として利用する廃棄ゼロ設計で、設置や撤去が容易な段ボール製什器「DNP外装兼用販売台 エコデス ストロング」を開発した。2016年10月に販売を開始する。

 
スーパーやドラッグストアなどの商業施設のほか、空港や駅などで国内外の物産展や各種イベントを開催する際、商品を大量に陳列したり、効果的に訴求したりするために、専用の什器を使用したいとの要望がある。こうしたイベントは催事期間が短いことが多く、多くの商品を陳列できる耐荷重製に優れるとともに、催事に合わせて簡単に設置や撤去ができる什器が求められていた。

 
このニーズに対して今回DNPは、梱包用の段ボールの外装箱を什器の部品として使用することで廃棄ゼロとし、50kgまでの重さに耐えられ、設置や撤去も容易な段ボール製什器「DNP外装用販売台 エコデスストロング」を開発した。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP