2016年09月14日

凸版印刷は、商品サプライチェーンにおける個品温度追跡管理の需要に対応する温度センサータグを開発。生鮮食品など定温管理輸送が必要な製品を取り扱う物流業界向けに、2016年12月からサンプル出荷を開始する。9月14日(水)から16日(金)まで東京ビッグサイトで開かれる「第18回 自動認識総合展」、10月4日(火)から7日(金)まで同会場で開かれる「2016東京国際包装展」のトッパンブースで展示する。

 
本製品は、バッテリーを内蔵したUHF帯RFIDで、タグラベル単体での温度管理を可能とする使い切り型の温度状態監視ラベル。RFIDチップに内蔵された温度センサーとタイマーにより、設定された時間間隔で、貼付した商品の温度状態を監視することができる。あらかじめ上下限温度を設定することで、温度監視中に設定温度範囲を越えた場合、異常温度の発生有無をアラート情報としてチップメモリ内に記録できる。記録されたアラート情報は、リーダライタをかざすことで内容の確認が可能。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP