2016年09月12日

凸版印刷が提供する、アルミレスで袋のまま電子レンジでの温めが可能な「蒸できスタンディングパウチ」が、セブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイ)のプライベートブランド(PB)商品「セブンゴールド 金のハンバーグ」、「セブンゴールド 金のビーフカレー」、「セブンゴールド 金のビーフシチュー」に採用された。
今回採用された3商品は、2010年の販売以来、累計1億個を販売するセブン&アイの人気商品。従来商品はパウチの素材にアルミが使用されていたため、パウチのまま電子レンジで温めることができなかった。

 

今回、凸版印刷の「蒸できスタンディングパウチ」を採用したことで、袋のまま電子レンジで加熱できる仕様を実現。これにより、湯煎加熱時の水や電子レンジ加熱時の耐熱皿やラップの使用を削減できるため、パッケージのライフサイクル全体におけるCO2排出量を従来商品と比較して約40%、水消費量を70%削減した。

 

 

タグ:

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP