2015年03月18日

 

アドビシステムズ㈱は3月17日、新ソリューション「Adobe Document Cloud」を発表した。

 

「Adobe Document Cloud」は、オンラインプロファイルと個人のドキュメントハブ(文書を集約する場所)を活用した統合型サービス。

デスクトップ、モバイルなどのデバイスにかかわらず文書作成、確認、承認、署名およびトラックが可能となる。タッチ操作が可能なユーザーインターフェイスを搭載した「Acrobat DC」は、サブスクリプションライセンスおよび永続ライセンスの両方で提供される。

なお、「Adobe Creative Cloud」のユーザーは「Acrobat DC」を介して「Adobe Document Cloud」が利用可能。

タグ:

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP