2016年09月09日

001altezza01

トヨタアルテッツァにフルラッピングした痛車

創業85年の印刷会社・スピックバンスター㈱(東京・文京区、佐中雅德社長)が運営する「すぴっく工房」はライセンサー公認のカーラッピングサービス「公認痛車プロジェクト」を9月9日から始動する。

 

第一弾は「初音ミク」のラッピングカー。アニメショップ・アニメイトの販売協力のもと提供し、イラストは歌声合成ソフトウェア「初音ミク V4X」のパッケージにも使われているイラスト(iXima氏)を使用。カーラッピングに興味はあるものの踏み切れなかったユーザーを後押しする。

 

依頼後は車体に合わせたキャラの配置やデータ校正、ラッピング施工まですぴっく工房がワンストップで対応。紙工にかかる期間は最短3日、職人によるフルラッピング・部分ラッピング(ボンネット・ドアなど)をおこなう。すぴっく工房ではイラストのほか、車体のカラーチェンジやオリジナルデザインも随時受け付けている。

 

参考価格(税別)はフルラッピングMサイズ普通車が480000円~、Lサイズ中型車が620000円~。部分貼りはボンネットMサイズ75000円、ダブルドアMサイズが110000円となっている。

PAGE TOP