2016年09月08日

大日本印刷(DNP)は、ナノインプリント技術を活用して、シートの表面に超微細な凹凸形状を施すことにより、光を効率的に拡散させて電子書籍端末などの表面を均一に明るくするフロントライト用の導光板を開発し、量産を開始する。すでにフロントライトを搭載した電子書籍端末に採用されているほか、今後需要が見込まれる反射型液晶など、他の反射型ディスプレーにも展開していく。

 

 

DNPでは、ナノインプリント技術を活用した事業展開に注力しており、光学製品などに用いられる表面に超微細な形状を施す赤外線用回折光学素子を開発しているほか、医療や自動運転関連などのさまざまな分野での活用を進めている。

 
電子ペーパーに代表される反射型ディスプレーは、印刷物の紙のように外光が反射して明るくなることで文字などが読めるため、機器内部のバックライトで明るくなる透過型液晶ディスプレーと比べて目の疲れが少なく、電子書籍端末用などに採用されている。現在、電子書籍端末を薄暗い場所でも使いたいとのニーズに対しては、画面前方に搭載したLEDライト(フロントライト)の光を効率的に全体に広げて明るくする導光板をディスプレーの前面に使用する必要がある。また、バックライト用導光板の機能は、光を拡散させることであるためそれ自体は不透明だが、フロントライト搭載端末用の導光板はディスプレーの前面に配置するため、光を均一に広げる機能に加え、高い透明性が求められる。

 
これらの課題に対してDNPはナノインプリント技術を活用し、導光板の光を拡散させるパターンの形状を超微細なものとし、フロントライトの光を効率的に広げ高い透明性による視認性と明るさを両立させた。この導光板をフロントライト搭載端末に用いた場合、紙の書籍に近い均一な白色を実現する。

 

冊子の上にフロントライト用の導光板を載せて撮影。薄暗い場所でも導光板を載せた部分は明るい。

冊子の上にフロントライト用の導光板を載せて撮影。薄暗い場所でも導光板を載せた部分は明るい。

 

○ナノインプリント技術 基材上の樹脂などに金型を圧着して、nm(ナノメートル:10-9メートル)からμm(マイクロメートル:10-6メートル)単位のパターンを安定的に転写する微細加工技術

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP