2016年09月08日

共同印刷は、10月5日(水)から7日(金)まで、東京ビッグサイトで開かれる「食品開発展2016」に2月に販売を開始した「リア食」を出品する(西2ホール 2-318)。同展は、食品の機能性・安全性情報の総合展示会。

 

同社は、リア食は、生活者から収集した食卓画像および画像と紐付いたアンケート情報をマーケティングデータとして提供するWebサービス。生活者の年代や性別、収入などの属性、調理の有無や使用食材などをアンケートで収集し、”店舗で販売された品がどのように調理され、誰が、どのように食べたか”という「食卓の実態」を浮き彫りにできるため、生活者のニーズをより具体的に把握することが可能。リア食の魅力を、実演デモを交えて紹介する。

 
会期中、リア食の開発担当者がセミナーに登壇。リア食によるリアルな食卓調査をマーケティングに活用する具体的な方法を提案する。

 

食品開発展2016 概要

 
会 期 :10月5日(水) ~ 10月7日(金) 10:00~17:00

会 場 :東京ビッグサイト

同社ブース:西2ホール 2-318

主 催 :UBMメディア(株)

 
■ 「リア食」セミナー 概要

日 時 :10月7日(金)12:40~14:00

タイトル :食品開発展2016記念セミナー「L:食マーケティング」内 「食卓情報をマーケティングに活かす『リア食』の可能性」

講 師 :共同印刷 トータルソリューションオフィス マーケティング企画部 担当課長 今井孝典

参加費用:5,000円。事前申し込みが必要。

 

同時開催の「TOKYO PACK 2016」にて、独自技術から生まれた高機能製品「KYODOプレミアム」を、紙器、軟包装、チューブ、医薬・産業資材の各分野にわたって紹介する(同社ブース:東2ホール2-20)。なお、TOKYO PACK 2016の会期は10月4日~7日。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP