2016年08月31日

出版月報(全国出版協会)によると、6月期の書籍雑誌推定販売金額(本体価格)は、前年同月比3・4%の減少となっている。

 
内訳は書籍が同1・2%減、雑誌は同5・4%減。なお、雑誌の内訳は月刊誌が同4・3%減、週刊誌は同9・8%減となっている。

 
書籍は強力作品が集中していた前年同月に比べて明らかに力強さに欠け、文庫本は10%程度のマイナス。文芸書は石原慎太郎『天才』を筆頭に手堅く推移し、児童書・学参・実用書なども当月前年を上回った。

 
雑誌は定期雑誌が約4%減、ムックが約3%減、コミックスが5%減。『HUNTER×HUNTER』や『ベルセルク』など長期休載作品の新刊が発売されるなど話題はあったが、映像化作品の既刊の不調が続き伸び悩んでいる。

 

 

PAGE TOP