2016年08月22日

日本印刷産業連合会は、ホームページ(http://www.jfpi.or.jp/)を8月4日にリニューアルした。

 
新しいホームページには、日印産連の活動をよりタイムリーにわかりやすく発信するため、新たなシステムを導入し内容を刷新した。日印産連では、新ホームページの運用を通じて、情報発信の迅速化と情報ハブとしての役割を推進していく考えだ。

 
新ホームページは、「会員団体・企業瓦版」というセクションを新たに設け、ここで各団体の最新の情報を発信していくことにより、印刷業界の情報ハブとしての役割を担っていく基盤を構築した。さらに、このセクションには「じゃぱにうむ」と命名したコーナーを設け、市場の成長が見込める地域連携とインバウンド関連市場での印刷会社の取り組み事例を紹介し業界内外の情報共有を進めていく。

 
また、今回のホームページ刷新を機会に、日印産連のグランドデザインを推進するために設置された委員会の活動を中心に情報を発信していく考え。

 
具体的には「印刷の新たな価値創造」では価値創出委員会関連の情報、「印刷と社会の共生」は企業行動委員会、「印刷と地球環境」は地球環境委員会、「印刷業界活動のご紹介」は広報委員会というカテゴリーにまとめ、関連する最新情報や過去の記録まで閲覧しやすい内容とした。

 
さらに、今までのホームページは画面構成やシステムなどの面から外部企業に多くの作業を委託していたため情報の発信のスムーズさに欠ける面があったが、新しいホームページでは新しいシステムの導入により日印産連内部で作業できる部分を増やし、よりタイムリーな情報発信が可能となった。

 
なお、日印産連ホームページの約1年間(2015年6月29日~2016年6月30日)の総訪問件数(「Web版 印刷用語集」を含む)は、35万446件(人・回)。

 

 

 

 

PAGE TOP