2016年08月17日

共同印刷は8月15日、BPO事業の強化を目的に、川島ソリューションセンター(埼玉県比企郡)の第三期工事に着手した。完成は2017年3月末の予定。
共同印刷は、長年培った豊富なノウハウを持つデータプリント業務を核に、顧客とエンドユーザーとのコミュニケーションで発生する各種業務を一括してアウトソーシングされるBPOサービスを提供している。情報セキュリティ部門は、このBPOサービスを中心に順調に業績を伸ばしている。
共同印刷はこのほど、増加傾向にあるデータプリントやBPOサービスの需要を取り込み、さらなる成長を図るため、データ加工処理の専門センターである川島ソリューションセンターの第三期工事に着手した。
川島ソリューションセンターは、高度なセキュリティ体制のもと大量のデータプリント処理が可能な技術と設備を保有するとともに、その周辺領域としてのBPOサービス(返信書類の受付、データ入力、データベース管理、コールセンター業務など)を一括受託できる体制を整えている。
今回の生産スペースの拡大により、設備の増強や再配置を行うことで、より拡張性のあるデータプリント事業およびBPOサービスの受託体制の強化を図る。

 

 

【川島ソリューションセンター第三期工事(3号館増築)の概要】

工場名 : 共同印刷 川島ソリューションセンター
所在地 : 埼玉県比企郡川島町八幡6-13-2
建設日程 : 2016年8月着工、2017年3月末 完成予定
建物概要 : 鉄骨造、4階建
増築面積 : 約2,644m2 (800坪) ※延床面積10,347㎡ (3,131坪)
投資額 : 約22億円
設計・施行 : 清水建設株式会社
土地総面積 : 36,708m2
総床面積 : 約36,204㎡(約10,952坪)

 

 

タグ: >

企業-関連の記事

PAGE TOP