2016年08月02日

サンメッセは、タブレットPCやスマートフォン向けの多視点映像を活用した看護技術ラーニングアプリ「ベッドから車椅子への移乗」製品版をAppStoreからリリースした。同時撮影したマルチアングル(多視点)映像を採用し、従来の固定式TVやPCでの学習とは違う、タブレットのメリットを生かした実習の動きの中で「見ながら」学習することができる。価格は600円(税込)。

 

現在看護教育の現場では、周囲の環境を含め、頭から足先までの様々な身体の動きを確認できる教材が求められている。本アプリは多視点映像によりその様子を閲覧できる。今回、一つの学習単元である“ベッドから車椅子への移乗”を利用できる。

ダウンロード先 (AppStore) https://itunes.apple.com/jp/app/maruchibyude-jieru!-kan-hu/id1119032903?mt=8
紹介Webサイト http://www.sunmesse.co.jp/app/multiview/

 

【特徴】
1. 多視点でのマルチビュー 見落とされがちな背面や上面等からの様子を確認する事ができる。
2. マルチビュー4面と6面切り換え ユーザーが求める情報量に合わせて4面と6面の表示を切り換えることができる。
3. アングルの切り換え マルチビュー画面からシングルビュー画面へワンタッチで切り換えることができ、細かい動作も詳しく表示できる。
4. 実習ポイント表示切替 看護大学の教員のノウハウが詰まった的確な実習ポイントを画面に表示できる。
5. チャプターメニュー 重要な実習ポイントのみを選択して確認することができる。
6. タイムライン 動きを確認しながら、映像を自由に進めたり、戻したりできる。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP