2016年08月01日

日本創発グループのキャドセンターが制作した「AR花火スコープ」が雑誌「ホットペッパー、ホットペッパービューティー7月号」で「アプリどすこい場所『花火大会に便利なアプリ』」として紹介された。

 

「AR花火スコープ」はiOS,Android端末で動作し、GPSの位置情報とAR(拡張現実)を組み合わせて目的の花火大会がどこからどのように見えるか、事前に確認できる花火大会シミュレーションアプリケーション。

 

花火情報投稿サイト「HaNAVI」との連動や、SNS投稿機能で活用シーンがさらに広がった。

 

2016年度版「AR花火スコープ by HaNAVI」の詳細

https://hanavigation.com/

 

位置情報の活用事例としても

 

また、内閣府の宇宙開発戦略推進事務局が運営する準天頂衛星システムのサイトでも、「位置情報の活用事例:花火の見え方をスマホで事前確認できる『AR花火スコープ』」としてAR花火スコープが紹介された。

 

http://qzss.go.jp/usage/userreport/hanavigation_160725.html

 

 

PAGE TOP