2016年07月26日

トッパン・フォームズ㈱(本社・東京都港区、坂田甲一社長)は、drupa2016で、同社にとって5台目となるコダック製のインクジェット高速輪転印刷機「Kodak Prosperプレス」の導入を決めた。

今回導入するモデルは国内では初となる「Kodak Prosper6000Cプレス」で、これにより同社が世界最大の「Kodak Prosperプレス」ユーザーとなった。

 

同社での「Kodak Prosper6000Cプレス」の主な用途としては、パーソナライズ教材やビジネスメールなどのバリアブル印刷が予定されている。

同社の亀山明専務は「これまでも既設の印刷機をフル稼働させてきたが、“Kodak Prosperプレス”の5台目を増設することで引き続き安定した成長を維持するとともに、今後もさまざまな市場の顧客に最高のサービスを提供することが可能になった。今回の導入も、コダックのStreamテクノロジーを信頼し、その圧倒的な生産性を高く評価していることの表れとなる」と述べている。

 

 

PAGE TOP