2016年07月25日

三菱重工製の商業オフ輪および新聞オフ輪ユーザーで組織するリソピアクラブ(木下宗昭会長・佐川印刷㈱会長)は7月22日、三菱グループの迎賓館である開東閣(東京都港区)で約70社の参加者を集めて講演会を開催した。

今回の講演会は、①リョービMHIグラフィックテクノロジー㈱の一政譲社長による「drupa2016報告」、②三菱重工印刷紙工機械㈱の清水雅巳社長と同社開発本部品質保証部の田阪範文部長による「デジタル印刷について」、③ノンフィクション作家の小松成美氏による特別講演「逃げないプロの生き方~逆風から成功へ、プロの思考と行動とは~」--の3部構成で行われた。

 

あいさつをする木下宗昭会長

あいさつをする木下宗昭会長

会の冒頭、あいさつに立った同クラブの木下会長は「世の中が目まぐるしく変化し、かつ顧客が求める品質・要望はますます高くなっているので、顧客視点を外すことがない提案をしていくことこそが事業を続けていく上で大事になる。今後も印刷ビジネスを継続的に展開していくために、このリソピアクラブを活用して新しいビジネスのヒントや情報交換をするとともに、お互いの親交を深めてもらいたい」と会の開催意義を表した。

 

 

 

 

 

PAGE TOP