2016年07月21日

s_car

ヴィジョンカーのデジタルサイネージ上にバーチャル花火を打ち上げることができる

大日本印刷㈱(DNP)は、デジタルサイネージ(電子看板)と生活者のスマートフォンをリアルタイムに連動させて、インタラクティブなコミュニケーションを可能とする参加型メディア「SCREEMO(スクリーモ)」を活用し、生活者に新しい体験を提供するサービスを開始する。本サービスは、SCREEMOを活用したインタラクティブな広告コンテンツの制作・配信から、デジタルサイネージにアクセスしたスマートフォンへの情報配信、広告の効果検証までをトータルにプロデュースする。

 

 

 

 

 

従来、デジタルサイネージでは広告の動画や静止画を一方向に配信することが多く、広告効果の測定は困難だった。そこでDNPは、生活者がスマートフォンを操作するとリアルタイムでデジタルサイネージ上に反映される、“インタラクティブな映像体験”を提供するSCREEMOを活用したサービスを開始する。本サービスは、スマートフォンでデジタルサイネージのコンテンツに参加できるだけでなく、参加した生活者のスマートフォンに情報を配信することができ、双方向のコミュニケーションを実現する。

 

今回DNPは、スクリーモ社(イスラエル)が開発したSCREEMOの日本での販売代理店である㈱協同エージェンシーと提携し、7/22に三重県鳥羽市で開催される「第61回鳥羽みなとまつり」で、SCREEMOを活用したプロモーション効果の実証実験を行う。鳥羽みなとまつり会場の鳥羽マリンターミナル付近に、SCREEMOを搭載した車(ヴィジョンカー)を設置し、来場者は会場に設置されたQRコードをスマートフォンで読み取り、表示される手順に従ってイベントに参加する(無料)。参加者はスマートフォンの操作によって、デジタルサイネージの画面上で、仮想的に花火を打ち上げることなどができる。

 

 

PAGE TOP