2015年03月10日

 エプソンはカラーインクジェットラベルプリンターの新商品として、最大で毎秒300㍉の高速印刷と高画質印刷を実現した「ColorWorks TM-C7500」シリーズを3月23日から発売開始する。

 

 「ColorWorks TM-C7500」シリーズは、ラインヘッドによる高速印刷とデジタル印刷ならではのオンデマンド性により、1000枚程度の極小~小ロットのラベル印刷に適した製品。同社初となる「PrecisionCoreラインヘッド」を採用した製品で、600×1200dpiの高画質印刷により、バーコードなどの細かな線や文字も鮮明に印刷できる。また、新たにヘッドのノズル詰まりを自動で確認する「ノズル自己診断システム」を搭載。自動でクリーニングを行い、万一詰まりが解消できない場合は、同一ラインにあるほかのノズルや隣接したノズルから補完印刷を行い、継続的に高品質な印刷を可能とする。

 

ColorWorks TM-C7500

ColorWorks TM-C7500

 ラインナップは、マットインクを搭載した普通紙、マット紙、合成紙向けのモデル「ColorWorks TM-C7500」と、フォトインクを搭載して見栄えのよい高級感のあるラベル作成に適した光沢紙に対応したモデル「ColorWorks TM-C7500G」の2機種。

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP