2016年07月18日

共同印刷は、サプレが運営する”趣味の教室”のプラットフォーム『趣味なび』のリソースを活用した、独自のプロモーションメニューの提供を開始した。

 

『趣味なび』は、全国各地にある趣味の教室・スクールを、内容や所在地で検索することが可能なポータルサイト。2016年6月現在の登録数は約270ジャンル・13,000教室、生徒数は約40万人を数え、趣味の教室に関する日本最大級のプラットフォームとなっている。

 

 

趣味の教室を営む先生は、他者への情報発信力や影響力が強く、”草の根インフルエンサー”とも言える存在。一方、生徒は、自分磨きに熱心で購買力が高く、暮らしにこだわりを持つ生活者が多いことが特徴。『趣味なび』では、こうした特徴を活用し、商品ターゲットに合わせて配布エリアや対象を絞り込んで行う「先生手渡しサンプリング」や、先生に商品・サービスを試用いただく「先生モニター」など、先生からターゲット層への認知・体験・拡散を図る”先生発信プロモーション”を各種展開していく。

 

 

共同印刷はサプレと営業提携し、『趣味なび』を活用した独自のプロモーションメニューを開発、提供を開始した。そのひとつが、「先生手渡しサンプリング」と「先生モニター」を融合した「先生推薦サンプリング」。先生が実際に試用して納得した製品・サービスのみを生徒へ勧めるというもので、インフルエンサーとしての先生の存在を最大限に活用したサービス。このほか、高い専門性と独自の魅力を持つ先生を、企業広告のモデルやセミナー講師として派遣する「先生キャスティング」、小ロット・低コストでのサンプル配布を実現する「5000サンプリング」など、企業の要望に応えるプロモーションを用意した。

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP