2016年07月14日

㈱山櫻(本社・東京都中央区、市瀬豊和社長)は、8月4・5日の両日、同社本社で「YAMAZAKURA INNOVATION2016~お客様と、未来を創るために~」と銘打った個展を開催する。

ここでは、創業85周年の節目を迎えた同社の強みである、紙製品、ハードウェア、ソフトウェアを活かした、差別化が図れる提案を展開する。

 

今回は会場を、▽これからの業務のあり方を提案する「ソリューション」、▽小ロットプリンターを活用したアイデアツールの紹介をする「アイデア」、▽山櫻をより便利に、より身近に感じられるツールの紹介をする「コミュニケーション」--と主に3つのゾーンに分け、新たな製品やサービスの価値を伝える。

またそのほかに、「ソーシャルゾーン」として、同社で取り扱っているフェアトレード製品「バナナペーパー」に関連した展示企画も行われる。

 

PRESS MATE C1070

PRESS MATE C1070

▽「ソリューション」

バリアブルアレンジ封筒・小ロット対応のプロダクションプリンター「PRESS MATE C1070」を活用し、さまざまな角度からの業務効率化を紹介して、来場者が抱えている困りごとを解決する。

また、名刺受注に必要な版の管理、校正・修正のやりとりなど、 手間がかかる業務をシステム化し、印刷業者と企業の双方の業務改善をする、企業向けWeb名刺発注サービス「corezo/corezo for print」も紹介する。

 

▽「アイデア」

「CARD MATE Digica Rev.6」を使い、従来品にはない新しいサイズの名刺「名刺mini(ミニ)」による新しい訴求提案をする。

ビジネスシーンで 個性をアピールしたいユーザーに適した名刺で、スタンダードな白やクリーム、光沢紙、クラフトボード紙など、用紙のラインナップも充実している。

また、「DocuPrint C5000d YAモデル」を使い、オリジナルクリアファイル・領収書を製作するソリューションも紹介する。

 

▽「コミュニケーション」

同社顧客を対象とした登録制ポータルサイト「SAKURA Webオフィス」を紹介する。

このサイトは24時間いつでも発注が可能な上、封筒などの自動見積りサービスも展開している。

登録は無料。

 

イベント-関連の記事

PAGE TOP