2016年07月07日

手荷物タグの立ち上がりを防ぐ

手荷物タグの立ち上がりを防ぐ

トッパン・フォームズ㈱は、独自の新機能を持つ、航空会社向け自動手荷物預け機対応の手荷物タグを開発した。

 

手荷物タグは通常、のりを裏面全面に塗布しているが、一部にのりを塗布しない領域を設けた部分塗工を手荷物タグに初めて採用(特許申請中)。手荷物タグは使用時に両端部分にあるのりを塗布した部分のみが貼り付くため、のり非塗布部分がリング状になって手荷物の取っ手とタグの間に空間ができ、手荷物の上方にタグがはみ出る「立ち上がり」現象を防ぐことができる。

 

 

 

これにより、自動手荷物預け機内部の荷物サイズを計測するセンサーの誤感知をなくし、スムーズな運用を可能にした。この結果、手荷物手続きの待ち時間は、従来繁忙期には10~20分程度かかっていたものが、約5分程度まで短縮され、顧客サービスの向上へと寄与することができる。 同手荷物タグは、全日本空輸㈱に採用され、2016年2月より羽田空港の自動手荷物預け機で使用されている。

 

現在、航空業界各社では旅客サービス向上のために手荷物の預かりやチェックインの自動化が進められており、その中で自動手荷物預け機に対応する手荷物タグに対する需要も高まっている。
トッパンフォームズでは、独自の製造ノウハウを活かした本手荷物タグを拡販し、2020年までに累計5億円の売上を目指すとした。
 

PAGE TOP