2016年07月04日

凸版印刷は、東北と世界を「食」で結ぶことにより、東北地域の活性化に繋げる「東北・食のソラみち協議会」を仙台国際空港(岩井卓也社長)、七十七銀行(氏家照彦頭取)、日本通運(渡邉健二社長)、三井住友海上火災保険(原典之社長)と協働して設立した。同協議会は、東北農林水産物・食品輸出モデル検討協議会の支援モデル第1号に認定されており、東北からの「食」輸出の拡大をより効率的に進めることを目指す。

 

 

同協議会は、空港、物流、金融、商品開発に携わる参画企業それぞれのノウハウを活用し、東北地方の高品質で安心な農林水産物・食品等の輸出をより一層推進し、また、東北の食文化を広く世界に紹介することにより、海外との交流を深め、新たな販路開拓となるよう関係者一体となった取り組みを推進していく。また、輸送ネットワークの拡大、貨物量の増大を図り、仙台国際空港の利用促進はもとより地域経済の活性化を図る考え。

 
同協議会への参加により、凸版印刷は世界の皆様へ東北の食の魅力をアピールするために、ブランディングやプロモーション、安全でデザイン性の高いパッケージを提案、売れる商品作りをサポートし東北の食輸出に貢献していく。

 

タグ: >

企業-関連の記事

PAGE TOP