2015年03月10日

各県の状況が報告された

下期定例会で各県の状況が報告された

関東甲信越静地区印刷協議会(日暮秀一会長)は3月6日、東京都品川区のハイデルベルグ・ジャパンで平成26年度下期定例会を開催した。分科会報告では印刷用紙の値上げ状況など、各県の状況が報告された。

 

全体会議で印刷業経営動向調査結果の解説がされた後、各県の理事長による理事長会ならび各委員会による分科会が開催された。

 

分科報告会では日暮会長が各県の印刷用紙の値上げ状況を報告。

印刷用紙については、各製紙メーカーが2月出荷分を目途に10%以上の製品価格の値上げを発表している。

 

 

各地域共に具体的な値上がりが始まっている地域はなかったものの、「3月半ばから、10%の値上げをお願いされている(栃木県)」や「各会社にバラバラにだが知らせが来ている(埼玉県)」との報告もあがった。

PAGE TOP