2016年06月27日

前回開催時の会場のようす

前回開催時の会場のようす

「解決力無限大!~印刷業のソリューションを支える技術と未来が見える~」を基本コンセプトに7月1・2日の両日、宮城県仙台市で「SOPTECとうほく2016」が開催される。

会場となるのは、昨年と同じ仙台市卸商センター・産業見本市会館「サンフェスタ」で、今回も出展者が増加(昨年75社・120小間⇒今年76社・129小間)し、過去最大規模で展示イベントが展開される。

 

1階の展示会場では、メーカー・ディーラーによる「システムプレゼンテーション」に加え、印刷関連会社・印刷周辺隣接会社による「印刷コラボレーション/付帯サービス」をアピールするブースを展開する。

また、東北地区印刷生産技術フォーラムが、7月1日の12時半~、7月2日の午前10時~、12時半~の計3回、展示ゾーンを巡回してこのイベントの見どころを解説する「見どころツアー」を催行する。

3階ならびに4階の会議室では、主催者と出展者による25講座の「ソリューションセミナー」が繰り広げられる。

 

 

展示会場の出展者は次のとおり。

日進堂印刷所、福島県印刷工業組合、東北プリント、リコージャパン、

ハイデルベルグ・ジャパン、江東錦精社、キヤノンマーケティングジャパン、

豊パーツ工業、ピクトリコ、長瀬印刷、秋田印刷製本、双葉印刷、荷札屋本舗、

川口印刷工業、宮城県製本工業組合、日本プリンティングアカデミー、デュプロ、

エイワ機工、コスモテック、武藤工業、北電子販売、永井機械製作所、仙台小森インキ、

エプソン販売、仙台大気堂、ウィズ、グラシアス・サポート、誠伸商事、

グラフィックサポート、ヤマトヤ商会、日本アグフア・ゲバルト、小森コーポレーション、

アイマー・プランニング、リョービMHIグラフィックテクノロジー、ウチダテクノ、

ダイヤミック、正栄機械製作所、アコ・ブランズ・ジャパン、ウエブテック、

加貫ローラ製作所、ユーロポート、光文堂、勝田製作所、東洋インキ東北、

ホリゾン東テクノ、ダックエンジニアリング、ムラタック、ミマキエンジニアリング、

リフレイン、コニカミノルタジャパン、ニップコーポレーション、カンタム情報システム、

ヨシダ機材、トーバン印刷、フジウェブ・ネット、メディアテクノロジージャパン、

スターティアラボ、両毛システムズ、モリサワ、コダック、DICグラフィックス、

Too、渋谷文泉閣、ユーメディア、アルテ、長井紙業、国際紙パルプ商事、常盤洋紙、

山櫻、トーヨーコーポレーション、ニクニ、東京ラミネックス、ムサシ、

富士ゼロックス宮城、東北地区印刷生産技術フォーラム、

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ

 

 

【開催概要】

▽会期=7月1~2日

▽開場時間=午前9時半~午後5時半

▽会場=仙台卸商センター産業見本市会館「サンフェスタ」(宮城県仙台市若林区卸町2の15の2)電話022・235・1100

▽問合先=SOPTECとうほく2016実行委員会事務局(宮城県仙台市宮城野区扇町3の9の12)電話022・284・7586

http://www.miyagi-pia.or.jp/soptec/pdf/soptec2016.pdf

 

 

イベント-関連の記事

PAGE TOP