2016年06月21日

人間国宝扇子

人間国宝扇子

㈱山櫻(本社・東京都中央区、市瀬豊和社長)は6月21日から、人間国宝の九代・岩野市兵衛氏による越前生漉奉書を使用した扇子「人間国宝扇子」を発売する。

 

越前生漉奉書とは、福井県越前市で漉いている越前和紙のこと。

原料は古くから和紙の材料として使われている楮を100%使用し、1500年間にわたって変わらぬ伝統的な技法で、土地が育む地元の澄んだ水を使い、薬品や機械を一切使わずに1枚1枚手作業で漉きあげている。

越前生漉奉書は版画用紙として使っても約300回の刷りに耐え、紙が伸縮しないことから浮世絵木版、現代版画の分野においても多くの愛好家がおり、パブロ・ピカソも先代の八代・岩野市兵衛の漉いた紙を版画用紙として愛用していた。

 

今回発売する「人間国宝扇子」は、唐木骨と白竹骨の2種類。

双方とも、扇子・桐箱・紹介しおりが各1点が納められており、標準価格は送料込で税抜1万800円。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP