2016年06月20日

 

 

コダック 複数のインラインフィニッシングソリューションとともに「プロスパー6000C」でデモを行った。1つは軽量コート紙に雑誌やカタログを印刷した後で折り加工、もう1つは商印用途としてポストコータ―ユニットとマルチカットバリアブルサーボシーターでフィニッシングを行った

コダック 複数のインラインフィニッシングソリューションとともに「プロスパー6000C」でデモを行った。1つは軽量コート紙に雑誌やカタログを印刷した後で折り加工、もう1つは商印用途としてポストコータ―ユニットとマルチカットバリアブルサーボシーターでフィニッシングを行った

コダック 軟包装フィルムへの印刷を実現する「XGVテクノロジー」を紹介。ボンディング剤を塗布後、Kodak SシリーズプリンティングシステムでC、M、Y、K、オレンジ、緑、紫を印字してから水性デジタルバーニッシュ。色域が拡張できてPantoneカラーにも対応する

コダック 軟包装フィルムへの印刷を実現する「XGVテクノロジー」を紹介。ボンディング剤を塗布後、Kodak SシリーズプリンティングシステムでC、M、Y、K、オレンジ、緑、紫を印字してから水性デジタルバーニッシュ。色域が拡張できてPantoneカラーにも対応する

 

 

ゼロックス

ゼロックス カラー印刷で毎分168㍍、モノクロ印刷で毎分200㍍のスピードの生産速度を持つ、20インチ幅の輪転タイプのインクジェット印刷機「ゼロックス Trivor2400 インクジェットプレス」を出展。オフセット印刷用紙に直接印字することができる

SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ ロール式高速インクジェット印刷機の最新鋭機種「Truepress Jet520HD」を出展。オフセット印刷用のコート紙にアンカー剤などを使わずに印刷ができる新インクを開発。一般コート紙や普通紙にも印刷でき、さらにオフセット印刷レベルの耐擦過性を実現し、用紙の風合いを活かした印刷が可能

SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ 輪転式高速インクジェット印刷機「Truepress Jet520HD」を出展。オフセット印刷用のコート紙にアンカー剤などを使わずに印刷できるインクを開発。耐擦過性と用紙の風合いを両立している

 

 

キヤノン 枚葉タイプのB2判で、水性インク7色(C、M、Y、K、Lc、Lm、グレー)構成のモデルを参考出品。用紙幅は788㍉、最高解像度は1200×2400dpi。生産性については毎時3000枚で、ワンパスで両面印刷をすることも可能としている

キヤノン 枚葉タイプのB2判で、水性インク7色(C、M、Y、K、Lc、Lm、グレー)構成のモデルを参考出品。用紙幅は788㍉、最高解像度は1200×2400dpi。生産性については毎時3000枚で、ワンパスで両面印刷をすることも可能としている

RMGT ㈱ミヤコシと共同開発を進めているB2判液体トナー方式デジタルオフセット印刷機「DP790」を参考出品。印刷のカスタマイズ化にもスピーディに効率良く対応する、極小ロットの印刷に適したデジタルオフセット印刷機のメリットを実演で紹介した

RMGT ㈱ミヤコシと共同開発を進めているB2判液体トナー方式デジタルオフセット印刷機「DP790」を参考出品。印刷のカスタマイズ化にも迅速に対応する、極小ロットの印刷に適したデジタルオフセット印刷機のメリットを実演で紹介した

 

ザイコン drupa2012で発表した液体トナー技術をベースにした「Trillium Oneデジタル印刷機」を出展。輪転タイプの4色機で、印刷速度は毎分60㍍、解像度1200dpi、印字幅は500㍉。高解像度のヘッドと粒径2μ㍍以下のトナーにより、高付加価値印刷ができる

ザイコン drupa2012で発表した液体トナー技術をベースにした「Trillium Oneデジタル印刷機」を出展。輪転タイプの4色機で、印刷速度は毎分60㍍、解像度1200dpi、印字幅は500㍉。高解像度のヘッドと粒径2μ㍍以下のトナーにより、高付加価値印刷ができる

理想科学工業 同社としては初となる産業用途向けインクジェット機を出展。写真はロール給紙の「RISO T1」で、ほかにカット紙タイプの「RISO T2」も出展された。新開発インクにより、高品位な印刷と定着性を両立。印字速度は毎分42㍍、印字幅507㍉で両面印刷にも対応

理想科学工業 同社としては初となる産業用途向けインクジェット機を出展。写真はロール給紙の「RISO T1」で、ほかにカット紙タイプの「RISO T2」も出展された。新開発インクにより、高品位な印刷と定着性を両立。印字速度は毎分42㍍、印字幅507㍉で両面印刷にも対応

ランダ LANDA S10

ランダ パッケージ印刷を主用途としたB1判の枚葉デジタル印刷機「LANDA S10」を出展。解像度は1200dpiで、毎時1万3000枚の生産性を誇る。紙厚は0.06~0.8㍉に対応。両面機「LANDA S10P」も出展し、両面印刷の場合は毎時6500枚となる

ランダ LANDA W10

ランダ ラベルや軟包装を主用途とする輪転タイプの「LANDA W10」を出展。用紙幅は1050㍉で、基材に乗ったインクを直接熱して乾燥させる方式ではないので、フィルムへの印刷も可能。毎分200㍍(656フィート)のスピードで8色印刷ができるモデルとなる

PAGE TOP