2016年06月20日

drupa2016でもっとも注目を集めたのは、やはりシングルパス方式のデジタル印刷機だった。

今回はとくに、B1判対応の枚葉機、そして食品・医薬品の軟包装に対応するソリューションなどに向けた出展がトレンドとなった。

 

デジタル印刷機が市場に登場し、期待が集まって久しいものの、印刷市場全体に占めるデジタル印刷機で製作された印刷物の割合はわずか数%程にとどまっている。

このような小さな割合にとどまっている背景としては、デジタル印刷機の生産能力、デジタル印刷機で製作できるアプリケーションの範囲の狭さが挙げられる。

 

今回の出展では、その弱点をカバーするような、判サイズの拡大・スピードアップ、基材対応力・インク技術の進化が数多く示された。

その一端を写真で紹介していく。

 

コニカミノルタ B1判(1060×760㍉)枚葉UVインクジェット印刷機「KM-C」を参考出品。1200×1200dpiの解像度で4色印刷をすることができる。用紙厚は0.3~1.2㍉に対応、生産速度は毎時2200回転。現在は4色機で将来は6色に色数を拡大予定

コニカミノルタ B1判(1060×760㍉)枚葉UVインクジェット印刷機「KM-C」を参考出品。1200×1200dpiの解像度で4色印刷をすることができる。用紙厚は0.3~1.2㍉に対応、生産速度は毎時2200回転。現在は4色機で将来は6色に色数を拡大予定

ハイデルベルグ B1判枚葉水性インクジェット印刷機「プライムファイア106」を発表。C、M、Y、K、グリーン、オレンジ、バイオレットの7色印字に加え、全面およびスポットニスにも対応。オフセット印刷よりも大幅に広い色再現領域を持ち、コーポレートカラーの印刷にも対応する

ハイデルベルグ B1判枚葉水性インクジェット印刷機「プライムファイア106」を発表。C、M、Y、K、グリーン、オレンジ、バイオレットの7色印字に加え、全面およびスポットニスにも対応。オフセット印刷よりも大幅に広い色再現領域を持ち、コーポレートカラーの印刷にも対応する

富士フイルム 軟包装向けLED-UVインクジェット機「MJP20W」を出展。新開発の低臭気UVインク、インク滲みを防ぐ下塗り技術、UVインクの硬化を促進して臭気を抑える窒素パージという技術を組み合わせた「EUCONテクノロジー」によって食品や衛生用品用途にも対応可能

富士フイルム 軟包装向けLED-UVインクジェット機「MJP20W」を出展。新開発の低臭気UVインク、インク滲みを防ぐ下塗り技術、UVインクの硬化を促進して臭気を抑える窒素パージという技術を組み合わせた「EUCONテクノロジー」によって食品や衛生用品用途にも対応可能

富士フイルム B2判枚葉インクジェットデジタル印刷機「JetPress720S」の最新モデルを発表。すでに世界中で数多くの稼働実績を持つことから、技術紹介だけにとどまらず、実際にどのようなアプリケーションが生産でき、メリットが生まれるのか、実践的なデモで紹介した

富士フイルム B2判枚葉インクジェットデジタル印刷機「JetPress720S」の最新モデルを発表。すでに世界中で数多くの稼働実績を持つことから、技術紹介だけにとどまらず、実際にどのようなアプリケーションが生産でき、メリットが生まれるのか、実践的なデモで紹介した

ミヤコシ ノズル詰まりや色ムラを軽減する循環式プリントヘッドを新採用したフルカラー連帳インクジェットプリンター「MJP20AX」を参考出品。ノズル付近でのインク滞留を防ぐことで、これまでは必須だったランダムドロップやリフレッシュパターンといった吐出不良防止の印刷も不要

ミヤコシ ノズル詰まりや色ムラを軽減する循環式プリントヘッドを新採用したフルカラー連帳IJ機「MJP20AX」を参考出品。ノズル付近でのインク滞留を防ぐことで、これまで必須だったランダムドロップやリフレッシュパターンなどの吐出不良防止の印刷も不要

ミヤコシ オフセット印刷に迫る高品質印刷を実現する液体トナー式B2判4色両面兼用枚葉デジタルプレス「MDP4000」を参考出品。B2判片面で毎時4000枚の高生産性で、解像度は1200×1200dpi、用紙坪量範囲は64~450㌘/平方㍍に対応

ミヤコシ オフセット印刷に迫る高品質印刷を実現する液体トナー式B2判4色両面兼用枚葉デジタルプレス「MDP4000」を参考出品。B2判片面で毎時4000枚の高生産性で、解像度は1200×1200dpi、用紙坪量範囲は64~450㌘/平方㍍に対応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リコー RICOH Pro VC60000

リコー 解像度1200×1200dpiの高画質で、用紙表面に特殊処理を施すことでオフセットコート紙などの非インクジェット専用紙への印刷も可能な「RICOH Pro VC60000」を出展。基幹業務印刷から高品質が要求される商用印刷ニーズまで幅広く対応する

KBA ロタジェットL

KBA 77~138㌢㍍という広幅対応する水性インクジェット機「ロタジェットL」を出展。1200dpiの最高解像度を持ち、印刷速度は最高で毎分300㍍。印字幅が広く、さらに印刷スピードの高速性もあわせ持った高生産機となっている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HP Indigo50000

HP Indigoシリーズは最高解像度が1600dpiに向上。新製品の「HP Indigo50000デジタル印刷機」は、印字幅746㍉とB1ノビ判に対応する両面機。ロール給紙で、表裏2つの印刷エンジンの前にプライミングユニットを配した構成となる

HP HP PageWide Web Press T490HD

HP 42インチ(約106㍉)幅のフルカラー輪転IJ機の「HP PageWide Web Press T490HD」は、生産性モードで最大毎分約305㍍という従来比67%増の高速印刷ができ、高品質モードでは毎分約152㍍の速度を実現する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP