2016年06月13日

ROLAND700EVOLUTION

ROLAND700EVOLUTION

マンローランド・シートフェッドは、菊全判8色ダブルコーター付オフセット印刷機「ROLAND700EVOLUTION」を出展し、高級パッケージ印刷の製作手法についてデモンストレーションを行った。

 

出展した「ROLAND700EVOLUTION」には、刷版交換と同時に各種洗浄作業を並行して行うことでジョブ替え時間を大幅に圧縮できるダイレクトドライブ機構のほか、数多くのオプションを搭載している。

その構成として、印刷ユニットの1胴目で糊、2胴目でインラインフォイラー、3~6胴目でCMYKの印刷、7胴目でブラックライトに反応するインビジブルインキ、8胴目でOPニスを行い、続く1つ目のニスコーターでUV光沢ニス、IR乾燥ユニット2胴の後、2つ目のコーターユニットではインラインエンボス加工をし、LED-UVを搭載したロングデリバリーを通してデリバリーに至る流れ。

インラインでの箔加工によるカラフルなメタリック表現のほか、インビジブルインキによるセキュリティ性、エンボスおよび疑似エンボス加工など、付加価値にあふれた印刷物ができた。

 

また、▽フィーダーボード上ですべての紙の余白にインクジェットでナンバリング印字をし、インライン欠陥検出装置が欠陥を検出する際にナンバーも読み取ることで抜き取りが楽にできる装置、▽インラインで印刷物の色を測り、誤差があれば印刷機のインキキーを自動調整する機能--なども搭載。

タッチパネル方式でいっそう直感的な操作性ができるようになった新しいオペレーションスタンドとともに、印刷オペレーターの負荷軽減につながる機能についても紹介した。

 

 

PAGE TOP