2016年06月09日

共同印刷は、顧客企業向けサービスの一環として「これからの50代以上女性市場ビジネスモデル研究会」を立ち上げ、6月2日に第1回セミナーを開いた。

 

少子高齢化が進み、さまざまな市場が飽和するなか、活動的で自己投資を惜しまない50代以上の女性たちへの注目が高まり、多くの業界で、この層をターゲットにした商品開発が進んでいる。同研究会は、こうした50代以上女性市場におけるポテンシャルの分析や新しいビジネスモデルの開発を検討することを目的に設立した。当社の顧客企業を中心とした17社から、商品開発やマーケティング、プロモーションなどの担当者25人が参加している。

 

第1回セミナーでは、キーノートスピーカーとして、DSプロモーションの代表取締役社長である松下令子氏を招き、「今ドキのオトナ女子のトレンド意識と美容への関わり方」というタイトルで講演した。

 

また、共同印刷からの報告として、今年1月に開催された「化粧品開発展」で発表した、50代以上女性に特徴的な9つのペルソナ群(例:旅行生きがい型、健康&予防医療オタク型)などを、「これからの50代以上女性の調査報告」として紹介した。

 
その後の意見交換会では、「口コミで動く世代の情報源はどこか」「コミュニティーを形成する上でのテーマや目的は何か」など活発な意見が交わされた。
今後は、3カ月ごとにセミナーを開催して”50代以上女性の意識や行動”を研究するとともに、当社の新サービスに対する意見を頂戴する場としても活用していく予定。

 

タグ:

企業-関連の記事

PAGE TOP