2016年06月09日

大日本印刷とDNPグループのトゥ・ディファクト、丸善ジュンク堂書店は、絶版・在庫切れなどの入手困難な書籍を注文に応じて1冊ずつ製造するオンデマンド本の販売を拡大する。丸善ジュンク堂書店の7店舗と、トゥ・ディファクトが運営する「honto.jp(ホントドットジェーピー)」サイト(http://honto.jp/netstore/ondemandbook/)で、平凡社が発行する東洋文庫の復刻版オンデマンド本を、6月10日に販売開始する。

 

このオンデマンド本は、通常の印刷による東洋文庫のオリジナル本とサイズを統一しているため、東洋文庫シリーズとして、オリジナル本とオンデマンド本を並べて書棚に置くことができる。東洋文庫オンデマンド本の発売を記念して、6月10日(金)から約1カ月間の予定で、7店舗で「東洋文庫 品切・僅少本復刊フェア」を開催する。各店舗とも20タイトルを陳列する。陳列する主なタイトルは、「南蛮寺荒廃記・邪教大意ほか」(海老沢有道)、「剪灯新話」(瞿佑)、「水滸後伝1」(陳忱)、「百済観音」(浜田青陵)、「塵壷」(河井継之助)など。

 

DNPは、オンデマンド本の専門ネットストア「ウェブの書斎」(http://www.rakuten.ne.jp/gold/shosai/)で、絶版・在庫切れなどの入手困難な書籍を、印刷会社ならではの高品質な印刷・製本技術により1冊から製造・販売するサービスを2001年3月から提供しており、2016年6月現在の取扱点数は8,000点となっている。さらに2015年7月には、ジュンク堂書店池袋本店およびhonto.jpサイトでオンデマンド本の販売を開始し、入手困難な書籍との出会いの場を拡げてきた。

 
平凡社の東洋文庫は、1963年の創刊以来50年以上にわたり、アジア諸地域の代表的な古典、知られざる名作、貴重な日記・紀行文などを発掘し続けてきた叢書。研究者や読書家からの支持が厚く、丸善ジュンク堂書店では、できる限り全タイトルを店頭に揃えて販売できるよう努めてきたが、在庫切れによる品切れが多数生じていた。

一方、東洋文庫の在庫切れタイトルを復刻したオンデマンド本は、これまでも販売されていたが、書籍のサイズがオリジナル本と異なるため、東洋文庫をシリーズで陳列したときに統一感が損なわれるという課題があった。今回、DNPグループは、平凡社の協力のもと、東洋文庫全698タイトルのうち665タイトルを、オリジナル本とサイズを揃えたオンデマンド本で復刻し、販売を開始する。

 

丸善ジュンク堂書店7店舗の店頭に常設し、生活者が興味のある書籍を手にとって体験できる機会を提供する。また、店頭に在庫していないタイトルについては、honto.jpサイトで購入できるようにして、名著との出会いの機会損失を防ぐ。

 

DNPがプリントオンデマンド(POD)で製造した東洋文庫のオンデマンド本を、丸善ジュンク堂書店7店舗およびhonto.jpサイトで、「丸善ジュンク堂書店オリジナルPOD(MJオリジナルPOD)」シリーズとして販売する。MJオリジナルPODは、東洋文庫オリジナル本とサイズを揃えているほか、文字を既存のオンデマンド本より少し大きくして読みやすくしている。

 
各店舗は、東洋文庫の復刻版665タイトルの中から、希望するタイトルを平凡社に発注。平凡社からの指示を受けてDNPがPODシステムで製造し、DNPグループの書店が取り扱う書籍を集中管理している倉庫を経由して店舗に納品する。平凡社の発注から店舗への納品まで3~6営業日と非常に短納期。当面、店舗では全タイトルのうち選りすぐりの数十タイトルを販売する予定。店頭に在庫がない場合でも、honto.jpサイトでは全タイトルが購入できる。価格は1冊あたり2700~4300円。

 

取扱店舗は、丸善丸の内本店、ジュンク堂書店池袋本店、MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店、ジュンク堂書店大阪本店、ジュンク堂書店三宮店、ジュンク堂書店福岡店、ジュンク堂書店立川高島屋店。

 

 

PAGE TOP