2016年06月10日

木村俊作

木村俊作氏

福岡県印刷工業組合(木村俊作理事長)は5月19日、福岡市博多区の福岡印刷会館で第61回通常総会を開き、任期満了に伴う役員改選で木村理事長を再任とする役員改選案、定款一部変更、平成28年度事業計画案などすべての議案を原案どおり承認した。
平成28年度は、今年度発足した青年部の活動支援を中心に、各支部の協力を得て県内で活躍する若手経営者の後継者との意見交換会を行うとともに、業界の将来を担う青年印刷人の育成に努める。
さらに印刷産業の新成長戦略となる「2025計画」の普及・推進を全印工連と連携を図りながら進めるとともに、印刷業経営動向実態調査への実施協力を行う。
平成28年度は①経営革新マーケティング、教育研修委員会②組織・共済・環境・労務委員会③官公需対策特別委員会④青年部会特別委員会⑤CSR推進専門委員会⑥産業戦略デザイン室特別委員会⑦ダイバーシティ推進委員会(旧女性活躍推進委員会)の委員会を立ち上げる。組合運営組織の新設および変更について、直前理事長制度を新設する。
任期満了に伴う役員改選では木村俊作理事長を再任した。
再任された木村理事長は「私自身の力がある限り、皆さんのお役に立つような福岡県印刷工業組合、それから全印工連の橋渡しとしてやっていきたい」とあいさつした。
平成28、29年度役員はつぎのとおり。
理事長=木村俊作(㈱伸和)
副理事長=大江峻良(築上印刷㈲、新任)、大隈信一郎(福岡印刷㈱、新任)、大庭英次郎(㈲協和印刷)、白石秀充(㈱博多印刷、新任)、田平保男(アド印刷㈱)、三渕亨(ミフチ印刷紙器㈱)
専務理事=伊藤茂樹(大同印刷㈱、新任)

 

 

PAGE TOP