2016年06月10日

堀一氏

堀一氏

新潟県印刷工業組合は、5月23日午後3時から、新潟市のANAクラウンプラザホテル新潟で、平成28年度通常総会を開き、本格的にスタートする国家検定などを柱とする平成28年度事業計画を決めるとともに、任期満了に伴う役員改選で堀一理事長を再選した。
総会は野瀬敏専務理事の司会で始まり、堀理事長が、「この総会から新年度が始まる。とくに昨年から着手している人材育成事業が国家検定という形で本格的にスタートする」とあいさつ。
野﨑力夫副理事長を議長に議案審議に移り、①平成27年度事業経過報告ならびに財産目録、貸借対照表、損益計算書および損失処理案②平成28年度事業計画および収支予算案③平成28年度賦課金の額およびその徴収方法などについて審議し、原案どおり可決。
28年度は『印刷道』が提言するソリューションプロバイダーへの深化を進めるとともに、業態変革に取り組み印刷を核とした領域の拡大を目指す。人材育成については、国家資格である技能検定として、従来の印刷(オフセット印刷作業職種)に加え、製版(DTP作業)職種、製本(製本作業)職種も組合が主体となって実施する。
また任期満了に伴う役員改選は、指名推薦で行われ、選考委員による選考の結果、理事22人、監事2人の計24人を発表。新理事により開催した第1回理事会で、堀理事長の再選を決めた。このあと業界の振興発展に寄与した5人に感謝状を授与し、総会を終了した。
引き続き開かれた懇親会で堀理事長は次のようにあいさつした。
「ことしの関東甲信越静地区印刷協議会第64回年次大会は、新潟県印刷工業組合主管により、7月8・9の両日、ホテルオークラ新潟で開かれる。大会を盛り上げるために格段の配慮をお願いしたい。また組合運営で1番重要なのはネットワークとコミュニケーションであるが、これからは“飲みにケーション”をひとつ追加して、和気あいあいと進みたい」
来賓の藤巻勉新潟県中小企業団体中央会専務理事の発声で乾杯し祝宴となった。
[新役員]
理事長=堀一(㈱第一印刷所)
副理事長=野﨑力夫(野崎印刷㈱)、佐藤松雄(北越印刷㈱)、星野光治(㈱ほしゆう)
専務理事=野瀬敏(新潟県印刷工業組合)
理事=清水道雄(㈱博進堂)、吉田和久(㈱吉田印刷所)、水野一幸(㈱新潟印刷)、渡辺良平(渡良印刷㈱)、柳沢茂(㈱プレスメディア)、加藤丈明(㈱ジョーメイ)、高橋陽子(㈱ウィザップ)、小出博信(㈱第一印刷所)、島津延明(島津印刷㈱)、須貝嘉勝(㈱須貝印刷)、小林吾郎(㈱中央製版)、星野義男(富士印刷㈱)、田中範之(中越印刷㈱)、山内芳次(㈱中央印刷)、位下寿生(㈱位下印刷)、米山秀彦(高速印刷㈱)、山田大介(㈱柏崎インサツ)
監事=中川利明(㈲中川シール印刷)、石原幸夫(㈱協同組合印刷所)

 

 

PAGE TOP