2016年06月10日

吉田吉太郎

吉田吉太郎氏

群馬県印刷工業組合は5月18日午後4時30分から、高崎市のホテルメトロポリタン高崎で第58回通常総会を開き、平成28年度事業計画を打ち出すとともに、任期満了に伴う役員改選で吉田吉太郎理事長を再選した。
総会は江原正弘理事の司会、杉浦隆一副理事長の開会のことばで始まった。田理事長のあいさつのあと、内藤賢治専務理事を議長に議案審議に入り、平成27年度事業報告ならびに収支決算書、平成28年度事業計画ならびに収支予算などの案件を審議し、いずれも原案どおり承認。
新年度は、業界教本『印刷道』に謳われている、①地域活性プロモーター②特定機能プロバイダー③特定業界スペシャリスト④メディアプロダクトメーカー⑤パーソナルメディアショップ⑥印刷製造スペシャリストの6つの特性を深化させて、各社各様、活性化の方向を目指す。また組合員が対話・交流をはかるための有効な各種組合事業を展開することになった。
役員改選は指名推薦で行い、選考委員による選考の結果、吉田理事長を再選した。吉田理事長は「私自身、年齢を重ねているが役員も若返ってきた。もう1期、老骨に鞭打ってがんばる」と決意を表明。石川靖副理事長の閉会のことばで総会を終了した。
引き続き別室で懇親会が開かれ、席上、吉田理事長は次のようにあいさつした。
「直前の総会で理事長職を続投することになった。7期目に入る。この間、業界ではすさまじいまでの変化があったが、組合員の皆さんのために、どれほどのことができたのか、反省の極みである。しかし、まだまだ負けてはいられない。とくに関連業界の皆さんには、良きパートナーとして、一段のご理解とご指導をお願いしたい」
来賓の中山正司群馬県中小企業団体中央会専務理事、杉浦幸男群馬県紙商組合組合長が祝辞。3月31日で退職した加藤勝巳前事務局長に花束が贈られたあと、設楽誠一設楽印刷機材㈱社長の音頭で乾杯し開宴した。
[平成28・29年度役員]
理事長=吉田吉太郎(㈱精真社)
副理事長=石川靖(朝日印刷工業㈱)、杉浦隆一(杉浦印刷㈱)、佐藤泰久(東京広告㈱)
専務理事=内藤賢治(荒瀬印刷㈱)
常務理事=設楽浩司(設楽印刷㈱)
理事=小嶋信弘(星野印刷㈱)、松田英治(マツダ印刷㈱)、小口有高(上毎印刷工業㈱)、江原正弘(㈲広栄社印刷所)、井田隆一郎(㈱銀星社印刷所)、永沢克正(野島印刷㈱)、山﨑晃義(日新印刷㈱)、梅田幸司(梅田印刷㈲)、新井利和(㈱コーセンドー)、田部井孝一(田部井印刷㈲)
監事=井田嘉(井田印刷㈱)、須藤浩二(㈱スター商会)

 

 

PAGE TOP