2016年06月06日

リンツバッハCEO(左)と古森CEO

リンツバッハCEO(左)と古森CEO

富士フイルム㈱の古森重隆会長兼CEOとハイデルベルグ社のゲーロルト・リンツバッハCEOは、drupa2016の会場で両社のパートナーシップの成功を確認するとともに、印刷業界の成長分野でさらなる協業を積極的に推進していくことに合意した。

 

両社は、drupa2016で世界初公開した「Primefire106 powered by FUJIFILM Inkjet Technology」の成功を互いに賞賛。

この新しい枚葉インクジェット印刷機は両社の協業によって生まれた最初の製品で、B1サイズのデジタル印刷分野で新しいビジネスモデルを切り拓くものとして、来年には全世界での販売開始を予定している。

 

今回の成功に続くシナジー効果として、両社の販売網と全世界に広がるサービス体制の活用を視野に入れている。

印刷に関するさまざまな両社の知見、熟練した技術、高性能な製品群を組み合わせることで将来の顧客ニーズに応えていくとともに、新しいデジタル印刷機の市場導入を契機に、両社の充実した世界的供給体制を通して、消耗品に対するユーザーの要望にも、迅速かつ的確に応えられるようにしていく。

PAGE TOP