2016年06月06日

コダックと㈱小森コーポレーションは、印刷ワークフローの分野で戦略的なパートナーシップ関係を構築した。

これにより、両社が持つ印刷ワークフローシステムをシームレスに連携接続し、印刷会社における印刷ワークフローの自動化と生産性の向上を実現する。

 

パートナーシップ関係の第1段階として、小森コーポレーションの工程管理システムKP-Connect(K-Station4)とコダックのワークフローPrinergyとのCIP4/JDF連携によるプリプレスオートメーションを実現する。

KP-ConnectとPrinergy間の連携の自動化によって、従来プリプレス工程と印刷工程間で発生していたボトルネックを解消するのみならず、オフセット印刷とデジタル印刷が共存する環境におけるハイブリッドワークフローを実現し、小ロットかつ短納期の印刷ジョブを効率的に処理することが可能になる。

 

今回のワークフローの自動化はPrinergyが持つルール・ベース・オートメーションによる高度で柔軟なプリプレス作業の自動化機能と、印刷機と直接接続することでリアルタイム進捗管理が可能なKP-Connectのスケジューラ機能をCIP4/JDFで統合することによって実現される。

これらの技術はdrupa2016の小森コーポレーションブースで展示される。

PAGE TOP