2016年05月31日

ハイデルベルグは、drupa2016開幕の前日、5月30日午後4時からドイツ・デュッセルドルフのメッセ・デュッセルドルフdrupa 2016同社ブースでプレス・カンファレンスを開き、G・リンツバッハCEOが「『デジタイズド・ワールド』へようこそ」と、drupa2016で「顧客に焦点を合わせ、イノベーティブで、信頼できる、ニュー・ハイデルベルグを見せる」と同社の出展の考え方を示した。

 

image

「シンプリー・スマート」のモットーの下、「デジタイズド・ワールド」を示すと話すリンツバッハCEO

 

同社は、drupa2016で「シンプリー・スマート」のモットーのもと成長を持続していく。ハイエンドのインテリジェント・パッケージング、高品質商業印刷という成長市場に焦点を合わせる。

「Primefire106」

「Primefire106」

 

image

「Primefire106」のまえでロボット3台を使いニュー・ハイデルベルグの提案が行われる

 

デジタル化された世界での「スマート・サービス」「スマート・コラボレーション」、統合工業化印刷「スマート・プリント・ショップ」の3側面からdrupa期間中の2週間、今後の印刷像を提案する。
スマート・プリンティングは、バズワードになっている「インダストリー4・0」を具体的な形にして示していくもの。

 

 

PAGE TOP