2016年05月25日

繝阪ャ繝域軸霈臥畑縲∝・蜊ー蟾・騾」邱丈シ夊ィ倅コ欺IMG_2119

臼田新理事長

全日本印刷工業組合連合会は、5月24日午後2時から東京・港区のアジュール竹芝で平成28年度通常総会を開き、任期満了に伴う役員改選で2期4年務めた島村博之会長に替わり臼田真人氏(㈱アドピア社長、東京都印刷工業組合理事長)を新会長に選任した。臼田氏は平成28年度のテーマに「志あふれる印刷産業へ、期待される価値を求めて」を掲げ、各工組との連携、協力体制のいっそうの強化を図りながら、組合員企業の力強い経営と持続的な成長、発展を期して、「全印工連2025計画」の普及・啓発をはじめとする諸事業に取り組むとの基本方針を示した。
総会は水落充常務理事(兵庫)を議長に選任して議案審議を行い、上程議案をすべて原案通り承認した。役員改選は指名推薦で行われ、水落議長が平成28・29年度理事候補者64人、監事候補者3人を推薦し承認。その後、総会を一時中断して第2回理事会を開き、臼田氏を新会長に選任したのをはじめ副会長3人、専務理事1人、常務理事17人を選任した。

 

 
総会再開後、平成28・29年度常任役員が紹介されたのち、就任あいさつに立った臼田新会長は「組合の『連帯』『共済』『対外窓口』という基本機能をさらに向上させるため、『志あふれる印刷産業へ、期待される価値を求めて』を今期のテーマとした。各社の『志』が、社会から期待される新しい価値を生み、それが新しい印刷産業の未来の扉を開くものと確信している。印刷産業は、人々の気持ちを伝え、人々をつなぐ産業として社会から必要とされ、社会に大きく貢献できる産業であり、自信を持って経営に邁進できる産業である。組合員の皆様には印刷会社の経営者としての誇りと勇気を今まで以上に持って、経営に臨んでいただきたい。全印工連ではその取り組みに対する各種の支援事業を積極的に行っていく」と抱負を述べた。
28年度の実施事業は①産業成長戦略のデザイン②印刷関連産業との連携強化③経営革新マーケティング事業の推進④環境労務事業の推進⑤組織共済事業の推進⑥教育研修事業の推進⑦ダイバーシティ事業の推進⑧CSR事業の推進⑨全印工連特別ライセンスプログラム事業の推進⑩資機材問題への対応⑪協議会の開催⑫2016全日本印刷文化典ふくしま大会の開催⑬その他の13項目。

 

とくに産業成長戦略デザイン室では近く発表される全印工連2025計画の普及・啓発のため、各委員会と連携して業界振興施策を推進する。また、印刷産業としての対外広報・発信力強化、各工組、組合員への円滑な情報伝達を目指し、広報戦略立案に取り組む。経営革新マーケティング委員会では事業承継支援の研究を行う。教育研修委員会では、技能検定「製版職種(DTP作業)」を来年1~2月に実施予定。

 

さらに新教育システム(遠隔システム)の利活用の研究に取り組む。CSR推進委員会では来年6月から実施するCSR認定制度の最上位であるスリースター認定の制度化と周知に取り組む。「2016全日本印刷文化典ふくしま大会」を10月21・22日に福島県郡山市のホテルハマツで開催する。
28・29年度常任役員は次の通り。カッコ内は所属工組、担当委員会など。
会長=臼田真人(東京)▽副会長=作道孝行(大阪)、細井俊男(愛知)、滝澤光正(東京、産業戦略デザイン室委員長)▽専務理事=生井義三(本部)▽常務理事=四橋英児(岐阜、中部地区印刷協議会会長)、橋本唱市(東京、印刷産業連携推進室委員長)、藤井治夫(宮城、東北地区印刷協議会会長)、木村篤義(東京、資材対策委員会委員長)、黒澤文雄(東京、東京地区印刷協議会会長、全国青年印刷協議会担当)、池田幸寛(東京、環境労務委員会委員長)、板倉清(北海道、北海道地区印刷協議会会長)、福田浩志(東京、経営革新マーケティング委員会委員長)、土屋勝則(東京、教育研修委員会委員長)、大迫三郎(宮崎、旧地区印刷協議会会長)、清水光朗(長野、関東甲信越静地区印刷協議会会長)、奥田章雄(香川、四国地区印刷協議会会長)、中西隆太郎(京都、近畿地区印刷協議会会長)、白橋明夫(東京、組織共済委員会委員長)、小野綾子(東京、ダイバーシティ推進委員会委員長)、中本俊之(広島、中国地区印刷協議会会長)、三島秀夫(東京、CSR推進委員会委員長)

PAGE TOP