2015年03月02日

としまものづくりメッセは基幹産業である印刷業をはじめ、独自技術を持つ区内を中心としたものづくり企業が、それぞれ優れた製品や高い技術を一堂に展示する池袋副都心の産業見本市。

販路拡大や区内産業のさらなる発展支援による地域活性化を目的として開催され、今年で8年目になる。

 

印刷業界・関連業界からは豊島区印刷関連産業団体協議会、東京都印刷工業組合豊島支部、宝印刷㈱、㈱セイコーアドバンスなども出展。技術や製品紹介を通じて、会場を盛り上げるとともに地域の一助となる。

 

当日は区内の小学校による集団見学をはじめに、さまざまな層の来場者が足を運び、昨年は3日間の開催で1万9275人が来場、盛況となった。

 

【開催概要】

会期=3月5日~7日

時間=午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)

会場=サンシャインシティ展示ホールB(東京都豊島区東池袋3の1の4文化会館4階)

入場=無料

 

【特別講演・記念講演】

<3月5日>

3Dプリンティングによる〝ものづくり革命〟=午後14時15分~15時15分、丸岡浩幸氏(丸紅情報システムズ㈱DDM推進課課長)

「世界中に笑顔のあふれる食卓を」~企業理念に込めた想い~=午後3時半~4時半、櫻井稚子氏(㈱ABC Cooking Studio社長)

 

<3月6日>

知恵とアイデアで挑め!〝小出流〟から学ぶ、売上獲得の極意=午後2時15分~午後3時15分(富士市産業支援センターf-Bizセンター長)

〝現代の門前町・池袋〟の未来=午後3時30分~4時30分、前田三郎氏(㈱キョードファクトリー)

タグ:

PAGE TOP